無料で作りながらお勉強、初心者AI作成講座(環境構築1)

無料で作りながらお勉強、初心者AI作成講座(環境構築1)

どーもアイーンです。

小難しいことはどうでもいいから

まずAI作れる環境整えてみようという

究極奥義「形から入る」が発動しました。

よって、今回から環境構築について進めてみようと思います。

ちなみに今企画はすべて、無料でできます。

もっとも重要なポイントです。

 

今回は、Chainer(チェイナー)と呼ばれるフレームワークを入れてみたいと思います。

あ、ワークフレームってのは

”開発に必要な実験道具が全てそろった実験ラボ”

みたいなもんです。よく開発環境と呼ばれます。

これさえあれば、ディープラーニングの実験が行えるものだと考えてください。

Chainerのすんごいところ

どうやら調べたところ

フレームワークも色々あるみたいです。

AmazonWebService(AWS)の

MXNet

マイクロソフトの

Computational Network Toolkit

グーグルの

TensorFlow

その中でも、Chainer

他の環境をチェイッチェインに負かすほど

群を抜いてトレーニングにかかる時間が短いそうです。

 

また、日本発のフレームワークなところや

共同研究に様々な大手企業が参加しているそうです。

使いこなせば、大手就職で生涯安泰まっしぐら。

犬とラジオ連れて公園で暇をつぶす世界線から

一気に世界で求められる人材ですよ。

そう、Chainerならね。

 

開発環境のインストール

それではインストールしてみましょう。

私のPCはWindowsなのですが

どうやらChainerを使用するには

Linux環境である必要があるみたい

なら、Windows上に仮想環境で

LinuxOSのPCを作ってやれば

ジャスタウェイ。

私自身は

Linuxをチョメチョメしたことなぞ

まったくないんですが

そこから解説です。

全部で5工程あります

お付き合いください。

 

工程1

まずは仮想化ソフトウェアVirtualBoxのインストール

Google検索で、VirtualBoxと入れて矢印をクリック

 

むやみにでっかい「Download VirtualBox 5.2」をクリック

 

私の場合、Windows環境なので「Windows hosts」をクリック

 

左下のコイツに対して「保存」をクリック

 

英語?知るかよ 無条件で「Next」

 

インストール先聞いてますね。無条件Next

 

デスクトップにショートカット・・・必要だな。

他のチェック外してNext

 

インストール中にネットが切れるかも?

そんときゃそんときじゃい!!

NEXT!

 

ツールバーに管理者権限を確認する画面が出てたらOK押しといて。

終わったらNEXT!

 

インストール完了じゃ。どんなもんじゃ。

あ、チェックは外してね。付けたままFinishすると

VirtualBox起動してきちゃうから。

 

これで仮想環境の準備が出来ました。

自分のPCの中に新しいまっさらなPCが出来たような状態です。

さ、こっからそこにLinuxのOSを突っ込みましょう。

・・・というわけで次の回に行きます。

ではまた。