強化学習、やってみたくね?

強化学習、やってみたくね?

ほいほいお疲れさ~ん。

久々にブログのアナリティクス確認したら

全身赤い人よろしく通常の3倍で閲覧数が増えてて

ルウム戦役もびっくりのアイーンです。

 

 

2か月もお休みしましたが

いろいろありまして

今はすんごい開発現場の近くで

すんごい速度とすんごい練度の開発を

この目に焼き付けているところです。

 

いや~すんごいね。

凄すぎて自分の開発スキルのお粗末さに

反吐がでています。

^◇^

 

いやね~

これまで開発してたものって

結局誰かが道筋立ててくれててもんなのよね~

その道筋外れたとたん

「え?この画面遷移ってホント信じていいの?」

「やっぱ違うじゃ~ん。じゃあどうすれば対応できる?」

「あれ?このソフト俺の環境に対応しきってない…」

「え?なんで止まんの?フリーズ?

 嘘だと言ってよバー…」

 

もうドッタンバッタン大騒ぎ!!

 

それでも役に立てるところでは

全力でいかにゃあいかんでしょや。

 

根本的な原因として

「開発経験の無さからくる自信の無さ」が

一番の理由だと判断しまして

やっぱり開発練習は続けにゃならんと

思い至り・・・。

 

ホントは、コッソリ目立たないところで

勉強してたんですが

現場に追いつく自信が死ぬほどないので

楽しく学習していくことにしました。

 

というわけで・・・

これ、やってみたくない?

黒い画面でしばらくまってね💛

 

これが強化学習。

これは簡単に言うと

「ボールを落とさないようにAIを学習させる」

をコンセプトにするもんです。

 

これをやるには、Unityっていう

ゲーム開発用プラットフォームをインストールしなきゃなりません。

 

しかし面白い事に

現在の車の自動運転技術開発には

なんとゲームと同じ「仮想環境」が用いられているとな。

GTA5の車とかでよく見るよね。

ゲームなのに道路や信号に忠実に動いて

銃で襲われたりしたら自ら道路を無視して逃げる。

 

あれ。自分で作ってみたくない

 

 

というわけでお時間です。

 

ごめんね~

おじさん夜勤なんだよ。

さっさと寝ないと仕事に差し支えるんだ。

 

面白そうだと思う人は

また次も見てね。

 

これで貴方の肩書は

明日が楽しみな人です。

 

あ、キーワードは

Machin Learning Agents

Unity

だから。

 

待ちきれない人は調べてみてね。

 

んじゃまた。